好きな小説の中で最も好きな作品があります。 宮本輝著「錦繍」がそうなのですが、10数年前に書店でこの作品を手にとってからというもの、宮本作品をずっと読み続けている読者の一人です。 この作品に触れた時は衝撃的でした。こんなに感動して涙を流した作品も過去にあったかどうか、それほど心を揺さぶられた印象がありました。 作品は書簡小説で構成されていて、このことも、この作品の魅力とも言えるのです。 私は好きな作品を再読することがあって、その時々に感じる印象は年月が経つとまた新しい印象になります。 そうやって触れる小説から多くのことを学び、多くを知るわけですが 時代が変わっても色あせずに読み継がれる作品に出会うと、幸せな気持ちになりますね。 小学生の頃に初めて自分で買った「若草物語」から始まって、大人になるまでの間に出会った小説は数多くあります。 その作品たちが私にもたらしたものは、かけがえのない友人に等しいです。 小説は子供も大人も楽しめる作品として、いつまでも受け継がれる存在であってほしいですね。

Copyright © 2002 www.lbhflink.org All Rights Reserved.