自動車に乗るあなたであればご存知だとは思いますが自動車税という税金が徴収されます。

それでこの税金は、自動車買取時に一般的に還付されるものなのです。

このような事は実行してみるとすぐ分かりますが、では最初から順を追って分かりやすく案内しましょう。

当たり前ですが説明をしておけば国産で生産されたクルマだけに限らず外車などでも税が戻ってくる範囲になってきます。

当然ですが愛車もそうです。

自動車税という税金は自動車の所有者が払わなければいけない税金で、税額は車の排気量の大小で決定されます。

1リッター以下ならば29500円で1リッターから1.5リッター以下までだと34500円です。

これからは500ccずつ5000円ずつが乗ってきます。

そしてこの税金は4月1日時点で車を所有している人がその年度の自動車税を納める定めとなっています。

つまり事前納付ということなので当然車を売却して、所有権を手放した際では前払いした分の金額は還ってくるということです。

自動車税は先払いでその年度の税額を納付するので一年以内に自動車を買い取ってもらった場合は入れ替わったオーナーがこの税の納付義務を負うということになります。

売却先が専門店でしたら、売却した際に自分が払いすぎた税金を返還してくれます。

まとめると所有者でなくなった際からの税額は新たな所有者が納税義務を負います。

例えば10月に愛車を売却したケースでは11月から翌年3月の間までの払ったお金は戻ってくるのです。

というのも前述の通り自動車税の場合は一年分を先払いしているということによるものです。

まとめると、あなたは売却相手に税金を返金してもらうということになります。

個人的にクルマを買い取ってもらうときに意外とこのような事実に気付かない方がよくいるため、しっかり確認するようにしてください。

自動車税という税金は自動車を売った際に還ってくることをあまり知られていない事を利用してその状況を隠す悪徳業者もあるのです。

こちらから自動車税に関して言わなければ一切自動車税のことに関して説明しないというケースもよく見られます。

そのためクルマの買い取りを頼む時には、払いすぎたお金が戻ってくるか否かをチェックすることをおろそかにしないようにする必要があります。

Copyright © 2002 www.lbhflink.org All Rights Reserved.